ARCHIVES
TAGS
view as one | list | cloud

今ごろの時刻は
春を一番感じる時間帯です。

先日は春一番が吹きましたが、
その返す刀で凄まじいほどの北風が吹きました。
三寒四温にも「ほど」があるっていう感じですね。

そんな季節の夕方5時過ぎ。
空は少しだけ赤味をさしていて、
地平線にはきれいなグラデーションが出来ています。

そんな透き通った空気を見ると、
それはやはり冬の空気なのですが、
まだ明るいというだけで少し、幸せな気分になるものです。


もう三月ですね。
樹木たちは着々と春の準備をしていますよ。
桜の枝を見て下さい。
花芽が少しずつ膨らんできています。

もしかして、花が咲いていないとどれが桜なのかがわからない、
と言うかもしれませんね・・・

残念でした!


私はこんな季節に
春のひと時にしかその存在を誇示しない桜たちの
ひっそりとした冬姿を眺めていると、
彼らの咲き誇る季節のその時の
総身を震わせるような健気な咲かせぶりを想って
少し幸せな気分になるのでした。


サクラの木2高遠.jpg


樹木と語る」トップページ
| 4302 days ago | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<一周年 | 紅葉のちょっと違う楽しみ方とは?~その3~ >>